《国際関係準備室》*教団75周年(2024年)に向けて

※一部、月刊アッセンブリーNEWS2019年11月号より抜粋

『グローカルに宣教』
【趣旨説明】
近年、海外から日本国に来ている外国人クリスチャンが増加しており、教会に来訪する方が増えている。彼らを適切に受け入れるなら、日本人会衆の成長につながると考えられるため、キャッチフレーズを「グローカルに宣教」とした。【用語説明】
〈グローカル化( 英: glocalization)は、全世界を同時に巻き込んでいく流れである「世界普遍化」(globalization)と、地域の特色や特性を考慮していく流れである「地域限定化」(localization)の2つの言葉を組み合わせた混成語である。〉
 <国際関係準備室からの新着情報一覧> ≫ Click!