コラム・メッセージ

コラム・メッセージ
vol.90- message 「光に照らされるとき…」新着!!

あなたがお正月、最初にすることは何でしょうか? 初詣で、初夢…縁起の良い事を願います。しかし、現実は消費税が上げられ、7月には香港が中国に返還され、いじめは依然としてあとをたたず、あなたの家庭、仕事や学校は、いったいどんな一年になるのでしょうか?心配ですか? 聖書は、このような問題だらけの状態をやみと表現しています。新しい年は、この暗やみから脱出し、光と共に歩みましょう。

続きを読む
コラム・メッセージ
vol.89- message 「歩み方から生き方を学ぶ」

私の住む市では、年に一度ツーデー・マーチという歩くラリーが開かれています。遠くは北海道や沖縄からも参加者があり、2日間でのべ2万人以上の参加者があるという盛況ぶりです。

続きを読む
コラム・メッセージ
vol.88- message 「神の祝福」

不景気の上にさらに追い打ちをかけるような突然の豪雨災害があり、足元からゆさぶられているような昨年でした。大魔神とやらに祈り、ご利益を願う人もおりました。このような時にこそ、あわてないで真実な神への信仰と確実な人生の土台を考えてみましょう。聖書には神を信じる者には祝福が与えられると記されています。

続きを読む
コラム・メッセージ
vol.87- message 「将来と希望」

1999年の日本は長引く景気の低迷、産業の構造転換が就職難や雇用の不安を起こしました。また、これまで安全といわれてきた新幹線や原子力、コンピューターなどのハイテク分野でも安全という神話が崩れていきました。

続きを読む
コラム・メッセージ
vol.86- message 「闇に輝く光」

駅前通りを中心に、冬枯れの木に電球を飾り立てて、光のイルミネーションが灯る頃になりました。私はこれを見るたびに、嬉しいような悲しいような複雑な気持ちになります。

続きを読む
コラム・メッセージ
vol.85- message 「素敵なChristmasをあなたに」

クリスマス!と聞くと、あなたの耳に何が聞こえ、あなたの目に何が見え、そして、あなたの心には何が思い浮かぶでしょうか?

 実は、この問いにあなたがどんな答を持っているかによって、今年のクリスマスが、あなたの将来、いや永遠に関する素敵なクリスマスになるかもしれません。

続きを読む
コラム・メッセージ
vol.84- message 「思いめぐらす」

今年もキリストの降誕を祝うクリスマスが近づいてきました。キリスト教の歴史の古い欧米などでは、クリスマス前の4週間を「アドベント」(待降節)と言って、…

続きを読む
コラム・メッセージ
vol.83- column 「サヨナラだけが…」

夜のバス停留所。
 雨が激しく降っています。
 寄り添う一組の男女。ふたりはすでに人生の夕暮れを迎えていました。

続きを読む
コラム・メッセージ
vol.82- message 「キリストさま」

日本には四李があります。季節ごとに、それぞれ自然界の模様と色彩が豊かに変化して、私たちを楽しませてくれます。

続きを読む
コラム・メッセージ
vol.81- message 「何よりもたいせつな出会い」

日本には四李があります。季節ごとに、それぞれ自然界の模様と色彩が豊かに変化して、私たちを楽しませてくれます。

続きを読む
コラム・メッセージ
vol.80- message 「こどものなかにある生命(いのち)」

日本には四李があります。季節ごとに、それぞれ自然界の模様と色彩が豊かに変化して、私たちを楽しませてくれます。

続きを読む
コラム・メッセージ
vol.79- colum 「有終の美」

日本には四李があります。季節ごとに、それぞれ自然界の模様と色彩が豊かに変化して、私たちを楽しませてくれます。

続きを読む