月刊アッセンブリーNews 2020年7月号

<巻頭メッセージ>
『変わる世界と大宣教命令』 
 祈祷推進委員長 増田篤子 Atsuko Masuda
 シティビジョン・グローリーチャーチ(神奈川県)

<INDEX>

  • 特集 コロナウイルス禍における海外宣教
    ー海外伝道部
  • アートから読み解く信仰 NO.12 レンブラント【使徒パウロに扮した自画像】
    -町田俊之(バイブル&アートミニストリーズ代表/単立・富士見聖書教会)
  • この難局を乗り越えよう!
    ―新型コロナウイルスのために共に祈り、共に闘う④―
    ≫「オンライン集会の恵み」 -野川悦子(港南シオンキリスト教会)
    ≫「思わぬ祝福」 -玉川吉昭(ベテルキリスト教会)
    ≫ネット配信による礼拝ガイドライン② 奉仕できるオンライン礼拝を目指して
    募金のお願い
  • 女性特集 私たちの従順のタイプは?~可能性を引き出すために~
    -野口友代(大津キリスト教会)
  • JAG創立75周年にむけて教区の取り組み
    関西教区『すきやねん関西』~共に建て上げ、成長する関西教区~
  • 日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド(JAG)の動き16 総務局長・本田勝宏
  • 中央聖書神学校(CBC)掲示板

『変わる世界と大宣教命令』
祈祷推進委員長 増田篤子 Atsuko Masuda
シティビジョン・グローリーチャーチ(神奈川県)

〈変化する世界〉

 お元気でお過ごしですか? コロナ禍(か)により「ソーシャルディスタンス」「テレワーク」等「新しい生活様式」を余儀(よぎ)なくされています。経済は低迷し、グローバル化は綻(ほころ)び、世界は大きく変化しています。

〈変化する教会〉

 IT技術が急速に進んだ現在、緊急事態宣言下でも、礼拝をネット配信し、Zoomミーティングやセミナー、LINE での励まし合い等、教会も様々新しい事にチャレンジしてきました。
 一例ですが、私達の教会では「STAY・HOME」が始まって以来、ラインでつないでの1対1の聖書入門講座を奨励(しょうれい)しています。これは一人の若者から始まりました。
会社の後輩(こうはい)の為に週に一度LINE ビデオ通話での聖書入門講座を導き、後輩は救われ洗礼を受けることができました。今では他の人々もビデオ通話での1対1の聖書入門講座を始めています。
 祈りにおいては、教団から発信される「COVID―19共同の祈り」や「祈りの50日間・同刻祈祷」を、セルごとにオンライン電話でつないで毎日祈り続けてきました。結果、祈った人々の信仰は強められ、セルの結束も強くされています。
 私たちはパンデミックという困難を通っていますが、神様は新しい道、新しい戦略を備え、教会を次のステップに導こうとしておられるのです。

〈変わることのないもの〉

 「あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。」マタイ28・19。
社会がどんなに変化しても、主の命令は変わることがありません。私たちは行って、人々を主の弟子として勝ち取る使命が与えられているのです。そのために、「今、教会は何をすべきでしょうか?」
「効果的な方法はあるでしょうか?」
「どこを変化したらよいでしょうか?」
と主に知恵を求めて祈ることが必要です。

〈新しい戦略〉

 ヨシュアは、水が溢(あふ)れるヨルダン川に面し、どのように渡ればよいか知りませんでした。しかし主に聞き、契約の箱に導かれて新しい道を進んで行く事ができたように、私たち教会も未曾有(みぞう)の時代にあって、主が与えて下さる新しい戦略をもって、力強く前進して参りましょう。

 

Follow me