月刊アッセンブリーNews 2021年1月号

<巻頭メッセージ>
一致そして前進 ― Go Forward ! ―
 土屋 潔 Kiyoshi Tsuchiya
 JAG理事長 アッセンブリー新潟キリスト教会(新潟県)

<INDEX> 

  • 教団総会報告
    ・各議案について
    ・御霊に導かれて
    ・オンラインでの開催
    ・2019年度決算総会
    ・2021年度方針案
    ・2021年度教団年間計画表

    ・2021年度教団人事
  • 深まり広がるペンテコステの恵み
    ❶聖霊のバプテスマと証しの力
    -伊藤 博(泉福音キリスト教会)
  • 一つになって 伝道所のために祈ろう⑮
    駒ヶ根アルプスシオン伝道所(細田裕介)
    -土屋 潔(教団理事長)
  • ◎コロナ特集教区の取り組み・関西教区
    第1回 with コロナ(COVID-19)自粛も制限もなく
    -平松若樹(アッセンブリー甲子園伝道所)
  • 中央聖書神学校(CBC)掲示板
  • お知らせ・召天
    愛と祈りに生きた澁澤道忠先生 -秋本幸二(宇都宮栄光キリスト教会)
    主の栄光が、瀬古博子先生の上に -秋川由香利(尾崎キリスト教会)

一致そして前進 ― Go Forward ! ― 土屋 潔 Kiyoshi Tsuchiya
 アッセンブリー新潟キリスト教会(新潟県)

 本年の教団標語は昨年に続き、使徒の働き4章29 、30節です。

 「主よ。いま彼らの脅(おびや)かしをご覧になり、あなたのしもべたちにみことばを大胆(だいたん)に語らせてください。御手(みて)を伸ばしていやしを行わせ、あなたの聖なるしもべイエスの御名(みな)によって、しるしと不思議なわざを行わせてください。」

 先(ま)ずは聖徒の皆様に心から感謝を申し上げます。昨年は経済的に大変厳しい状況(じょうきょう)でありながら、信仰の捧(ささ)げものがなされ、主の教会及および教団活動が維持(いじ)されたからです。また、2024年の教団創立75周年に向けて、指標として―2万人の信徒、3億円の教団予算―を掲(かか)げていて、そのためにも一致(いっち)して前進できました。主の年2021年が佳(よ)き一年となりますようにと祈ります。

 さて、初代教会の礎(いしずえ)となった聖徒らの祈りであるこの宣言は、「教会」の原点の一つであると共に、現代にも必要な、主からのチャレンジであります。

 私たちの教団は聖霊によって、地の果てまでも伝道の業を最優先に進めていきたい、と願う教団です。昨年から続く新型コロナウイルスは、社会に不安や閉塞感(へいそくかん)をもたらしています。それは恰(あたか)も、初代教会の時代にローマの属領となっていたこと、加えて迫害(はくがい)という「脅かし」があった状況と重なります。そういう日々の中で、信仰の先輩者(せんぱいしゃ)たちは聖霊に満たされて冒頭(ぼうとう)の祈りと告白に導かれていきました。

 脅かしのような閉塞感は単に社会的誘因(ゆういん)のみならず、人間の根源的要因でもあります。

 なぜなら、閉塞感は不安や恐れを生み、憎悪(ぞうお)という実を結ばせてしまうからです。世の終わりが近づく中で、愛が冷え、民が民に対して敵対するナショナリズムや差別も横行しています。それらの闇(やみ)が覆(おお)う状況下でのこの宣言は、闇の支配者への勝利宣言であり、完了宣言でもあるのです。主イエスが十字架と復活を成し遂(と)げられた事実がその証明です。そして聖霊に促(うなが)された祈りの告白が宣言となり、私たちとこの世界を、闇の支配や差別から解放・回復させるのです。  

 最後に、この一年は、勝利者であり復活者である私たちの主イエスを、聖霊によって、ますます力強く宣言し続け、神の国をあなたの家庭、職場そして関わる地域に顕(あらわ)してまいりましょう。

 

Follow me