月刊アッセンブリーNews 2021年11月号

<巻頭メッセージ>
『笑顔の効果』
 中村 陽子 Yoko Nakamura
 下関シオン教会(山口県)

<INDEX>

  • 特集 ろう者伝道部 ろう者伝道師紹介
  • 私の聖書 第2回 私の生涯を導く書物
    平松 慶次 和泉神愛キリスト教会(大阪府)

  • 若者よ チューっと聞いてよ! 今日もタナチュー 
    「グレープ」

    田中 清人 希望キリスト教会(静岡県)

  • 祝・献堂 教会を建てる者は誰か
    武石 喜光 つくば栄光キリスト教会(茨城県)

  • 深まり、広がるペンテコステの恵み
    ⓫ Go Forward

     嘉手納アッセンブリー教会員(沖縄県)

  • 新規加入教職レポ イエス様について行く人生
    南里 孝子 博多ニューライフ教会(福岡県)

  • 西海榮悦先生(新大阪第一アッセンブリー教会)召天 御霊に迫られて
    平松 慶次 和泉神愛キリスト教会(大阪府)

  • 教団の動き 30   総務局長 本田勝宏

  • 中央聖書神学校(CBC)掲示板

    -CBCフェスタ2021 日時:11月23日 方法:オンライン
    -2022年度新入学生募集 牧師:三宅規之

 


『笑顔の効果』 
 中村 陽子  Yoko Nakamura

 下関シオン教会(山口県)

 先日、うれしいことがありました。仲間の先生から、「陽子先生の笑顔がいいね!」と言葉をいただきました。礼拝説教で講壇(こうだん)に立つときにも、「先生はいつも笑顔でメッセージを始める。」と教会の人に言われました。自分では気づいていないのですが、どうやら私はいつも笑っているらしいのです。

 笑顔でいることには、沢山の良い効果があるようです。ストレスを減らす。心拍数(しんぱくすう)が落ち着く。リラックスする。また、楽しい気持ちになると、脳にα(アルファ)波が出て、集中力や記憶力も高まる。笑顔にはいろんな良い効果がありますが、一番は、やはり人間同士の関係がよくなることです。以前、海外で生活していた時にそれをよく感じました。散歩中に道ですれ違う人たち、知らない人同士でも笑顔であいさつをする、また声を掛(か)け合うのです。それは、「私はあなたの敵ではありません。あなたを受け入れます。」というサインにもなります。

 笑顔でいること、喜んでいることは、私たちの心にも体にもよい効果をもたらします。では、喜びと反対の感情を持っているとどうなるでしょうか。

 人間ですから、毎日生活しているといろんな出来事が起こります。問題にも直面します。その中で、怒りやそしり、不安など、負の感情を抱(いだ)くことも自然な心の動きです。しかし、それらをそのままにしておくと、心と連動して顔つきも険しくなるでしょう。周りの人との関係、また、神様との関係にも影えいきょう響が出始めます。

 神様は、私たちに、「いつも喜んでいなさい」と教えています。私たちの喜びとは、世の中の一時的な楽しみや賑(にぎやか)さとは違います。私たちの喜びとは、霊に活力を与え、養ってくださる神様がおられることです。また、神様に従って生きることも私たちの喜びです。私たちの楽しみは、主を知り、主と交わり、主を賛美することです。これらは、状況に関わらず、いつでも私たちが実践できる、最高の笑顔の源です。

 「陽気な心は健康を良くし、陰気(いんき)な心は骨を枯(か)らす。」(箴言17:22)

Follow me!