月刊アッセンブリーNews 2021年12月号

<巻頭メッセージ>
『すばらしい喜びをあなたへ』
 布施和恵 Kazue Fuse
 山形神召キリスト教会(山形県)

<INDEX>

  • クリスマス特集 ~信徒の体験談
    ・私のクリスマス アッセンブリー新潟キリスト教会員
    ・ゴスペルとの出会い 草加神召キリスト教会・リバーサイドチャーチ岡山会員

  • クリスマスにぜひこの一冊を!
    菊山和夫 鎌倉大船キリスト教会(神奈川県)

  • 若者よ チューっと聞いてよ! 今日もタナチュー 
    「PRESENT FOR YOU! あなたのための、プレゼント!

    田中 清人 希望キリスト教会(静岡県)

  • 教区聖会レポート


  • 夏のキャンプレポ(その2)

  • 深まり、広がるペンテコステの恵み
    ⓬ 湧いてくる喜び

     門真キリスト教会員(大阪府)

  • 教団のあゆみ2021

  • 女性特集 『心躍る、喜びのクリスマスに』
    米国宣教師 シェリー・カール  Shelley Carl

  • 教会のクリスマスへのお招き

 


クリスマスメッセージ『すばらしい喜びをあなたへ』
 布施和恵 Kazue Fuse

 山形神召キリスト教会(山形県)

「この民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。」(ルカの福音書2:10 )

 2018年1月、私たち夫婦は、里親(さとおや: 要保護児童の養育)に登録しました。3年間で、延べ10 人の里子(さとご)ちゃんたちが我が家にやってきました。みんな可愛(かわい)らしい子ども達ですが、それぞれ、暴力、性的虐待(ぎゃくたい)、育児放棄(いくじほうき:ネグレクト)、貧困、親の心の病といった暗くら闇やみを抱かかえています。

 我が家に来たほとんどの里子ちゃんたちは、夕方になるとママに会いたいと泣き出します。ただ1人だけ、数日たっても全く泣かない3歳の里子ちゃんがいました。後に、「ママとの愛着関係が崩(くず)れている子どもは泣けない」ことを知りました。それでも、数か月共に過ごす中で、その里子ちゃんに変化が起こります。休日を一緒に過ごした友人家族との別れ際に大泣きしたのです。里子ちゃんの大泣きする姿は愛(いと)おしく、やっと泣いたことを嬉(うれ)しく感じる不思議な瞬間(しゅんかん)でした。

 愛着関係ができたのは、私たち家族や教会に集(つど)う方々の愛に触(ふ)れる中で、「自分は愛されている、必要とされている」と感じたからだと思います。その里子ちゃんは、自然にイエス様を信じ、精一杯のお祈りをささげ、無邪気(むじゃき)に満面の笑みを浮かべ、喜んで神様を賛美しました。教会もまた、里子ちゃんの姿を見て大きな喜びに満ち溢(あふ)れました。

 聖書の中にも、親からも医者からも見放され、暗闇の中でもがいた人々が登場します。しかし彼らは、イエス様に出会ったことで人生に希望の光が照らされたのです。イエス様の言葉に慰められ、真実な愛に触れ、罪の赦し、病の癒しを受け取り、喜びに溢れる人生を歩むことができました。

 イエス様は、聖書の時代だけではなく、今を生きる私たちにも寄り添(そ)ってくださるお方です。イエス様の大きな愛は、恐れを取り除き、安心と健(すこ)やかさを与えてくださいます。今は、様々な人生の問題に加え、コロナ禍(か)の脅(おびや)かしの中で、希望よりも不安の方が強いかもしれません。もし、今あなたが暗闇を感じているなら、このクリスマスに、イエス様をあなたの心にお迎えしませんか。イエス様は、私たちの救いのために、この地上にお生まれになった救い主です。このお方は、すばらしい喜びをあなたに届けてくださいます。

 「恐れることはありません。今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。」(ルカ2章10、11節)

Follow me!