《関西教区 | Kansai Kyoku》のご紹介

JAG関西教区 教区創設:1953年




◎地図で教会を探すページはこちら
https://j-ag.org/church-introduction/

または

https://ag-kansai.com/index.php?地図で教会紹介

JAG創立75周年(2024年)に向けての取り組み

月刊アッセンブリーNews 2019年10月号より転載


すきやねん関西
〜共に建て上げ、成長する関西教区〜

 

1)教職間でお互たがいを支え合うよい交わりをもつ。
2)教区で個教会の伝道牧会を支援する。教会間の宣教協力を強める。
3)教区会計の有効活用を目指す。
4)教区70周年(2023年)を記念し、さらなる前進を目指す。
5)各部・委員会の働きの充実




《教区活動例紹介》
 各年齢層に合わせた活動を活発に行っています。青年層ではCAセレブレーション(成人式1月)、中高生キャンプ、クロスライブ、壮年、婦人層では各種研修会、聖会等ろう者の交流会、聖会を行っています。そのほかCS教師研修会、災害対策セミナー等を行っています。年に一度の関西聖会では教職・信徒が一つとなり御霊に燃やされています。 etc.

月刊アッセンブリーNews 2015年6月号より抜粋
〈教区のビジョン〉 
 関西教区として「教区のビジョン」を決議したことはありません。代わって、教区の現状と展望を紹介いたします。
関西教区では、特に青少年キャンプと教区聖会が、洗礼決心、献身表明のために用いられているのが現状です。受霊についても言えます。
 宣教は人を通してなされる神の業ですから、人が救われ、聖霊を受け、主の召しに応えて行く機会を、今後も教区として提供したいと願っております。

〈祈りの課題〉
1)教区内の教会が聖霊に満たされ、福音宣教と教会形成が前進していきますよう
2)各部の諸集会が祝福され、全ての世代に主の恵みが満ち溢れますように。
3)フルタイムの献身者が起こされますように。
4)開拓途上にある伝道所、教会が強められますように。