2022年3月17日:地震による初期状況報告

昨日(3月16日)23時36分頃に福島県・宮城県で最大震度6強を観測する地震がありました。

気象庁によると、震源地は福島県沖で、宮城県と福島県に津波注意報が出ています。
また、札幌市の一部、東北地方、新潟、関東全域での停電が発生しているとのニュースも出ています。
深夜ということもあり詳細の確認が難しい状況ですが、地震の影響を受けた教会・信徒の方々の守りのためにお祈りください。

――――――――――
郡山キリスト教会・三箇義生先生より


東日本大震災よりも大きな揺れでした。家の中はメチャクチャですが、揺れが短かったのでまだ良かったです。


福島中央キリスト教会・伊東衛先生より(2022/3/17[木]0:12

福島市はかなり揺れました。昨年2月の地震と同じ規模のように感じました。牧師家庭は全員無事です。教会の兄姉の安否は確認中です。

――――――――――
東松島アメイジングセンター・横山あかり先生より(2022/3/17〔木〕2:30)

宮城県沿岸部も大変強い揺れを感じました。昨年の3月よりも激しい縦揺れセンター内のも現在もまだ余震が続いている状況です。センターに関わる地域の方々との安否連絡は取れ、皆さん無事です。しかし、あるご家庭ではこどもがずっと泣き叫んでいる状況だったようです。現在のAGセンターでは、津波注意報が解除されるまで一人の信者さんと地域の方2名をセンターの2Fにお連れして仮眠を取っていただいています。時同じくして、CBC東北短期派遣チームも滞在中でしたが全員無事です。余震が収まり、津波注意報が解除されて安全が確保されるようにお祈りください。


(他の東北教区内の教会については、現在教区長が安否確認中です)。


関東南西教区災害対策連絡係・田原聖二先生より

今のところ大きな被害の報告はありませんが、停電のあったところがいくつかあるとのことです。


(教団・災害対策室)