【WAGF】インドのために祈りましょう

出典元:世界アッセンブリー・宣教祈りのネットワーク  2022/6/21
https://missionsprayer.net/2022/06/21/pray-for-india/

【地図】:クリスチャン分布図

The Operation Worldには執り成しの祈りのために有益な情報が掲載され、2週にわたりインドのための祈祷課題を出しています。皆様も以下の数字やアウトラインをもとにお祈りください。

Christian Presence in India – ‘Operation World’
INDIA FACTSMISSION
全人口:1,393,409,033クリスチャン:5.8%
宗教:ヒンドゥ教74.3%福音派クリスチャン:上記の内  2.2%
民族グループ:2493福音未伝達グループ:2445(人口の43%)
言語:456(識字率:71%)迫害指標 ランキング:      10位 (50か国中)
村の数:300,000(都市近郊:35.4%)

インドは世界最大の民主主義国家

政治的、経済的、社会的課題があらゆる地区において重く政府にのしかかっています。この数十年において国を建て上げるために政府が正しい判断ができるようお祈りください。特に人権、尊厳、自由が守られるために。

現政府はHindutvaヒンドゥトヴァ(ヒンドゥ・ナショナリズム)を土台としており、これまでに他宗教に対する迫害を強め、インドにある外国からのキリスト教の働きの導入に対するバリアを築くようになりました。

インドのためにどのようにとりなすか祈りのポイント:

Part A. インドの現状

  1. ヒンドゥ教は世界三大宗教システムの一つである。
  2. ほかのどの国よりも人に対するニーズが多い。
  3. カースト制度はいまだに最大の課題である。
  4. 女性と子どもが最も苦しんでいる。
  5. 盲目―1500万人におよぶ。
  6. 「新しきインド」は若者が多く、意欲的、国際的であり、現代的思考である。

Part B. 達成されていない働き

  1. まだ伝道されていない人々がインドに集中している
  2. ほかのどの国よりも福音未伝達の人々がいる
  3. インドにある教会は非常に多様化しており、古くから引き継いでいるものがある
  4. インドにおける宣教の試み
  5. ディアスポラ・海外に散らされているインドの民のためにお祈りください
  6. インドのアッセンブリー教会のためにお祈りください

Click Here to pray: 祈りの詳細

どうぞ Operation World に繋がり、日々の祈りのガイドDaily Prayer Updatesをご利用ください。

PART A. インドの現状:

1.ヒンドゥ教は世界三大宗教の一つ

広く知られているには、ヒンドゥ教は、インドに住み、あるいはインドとその文化のアイデンティティを持つ者であるなら受容し、あらゆる世相を受け入れるという文明と言われている。宗教的にみれば、信仰信条とシステムが複合的におりなしている。哲学的(自己認識)、ヴェーダに基づいた儀式からよく知られる宗教表現(偶像)、ヒンドゥ教の村(アニミズム、オカルト)に至るまでが入っている。また世界的な影響でよく知られるのは、ヨガ、クリシュナ・ニューエイジ、アート・オブ・リビングなど21世紀のポストモダン文化の一つとなっている。

2.他のどの国よりも人々のニーズが高い国

人口の多さとまたさまざまな困窮があるため、具体的な行動とたゆまない祈りが必要である

Indian Farmers Protesting – Credit: Telegraph India.
  • 貧困は何百万という人に影響を与えます。特に収入レベルよりも低い人々である極度の貧困者に。最近進められている経済の自由化や貧困層を支える方策などにより、貧困は明らかに少なくなる方向へと言っています。
  • 健康問題はインド人々を大きく取り巻いています。3歳以下の児童の40%は栄養失調に苦しんでいます:必要な衛生状態や飲料水を摂取できず、水媒介の病気に子供や貧しい人たちは苦しんでいます。
  • 毎年900,000人が汚水もしくは大気汚染が原因で死亡しています。また、世界で3番目にHIV陽性者が多く、世界の結核患者の1/3がインドにいます。
  • キリスト教の大きな2つの貢献として、優れた医療と医療訓練を提供ししてきました。を提供してきました。この良き伝統が引き継がれていくようにお祈りください。

3.カースト制度はいまだに大きな課題です

廃止されたダリット・バフジャン指定カーストと指定部族で人口の25%を占めています。彼らはカースト制度(およびヒンドゥ主義)のもとで何千年もの間虐げられていました。教会は、人権、教育、健康、雇用の確立や、ダリットの救済のために活動しており、カースト、人種、言語、性別、経済状態にかかわらず、すべての人々に及ぶキリストの愛を示す機会を持っています。

【インドのカースト制度の図】

4.最も苦しむのは女性と子どもたち

社会がその姿勢と行動を改善し、女性と子どもたちのケアがなされるように

  • 4億の子どもたちのうち、おそらく3千5百万は孤児であろうと言われている。1千1百万捨てられ(90%は女児)ている。3百万は路上で暮らしている。借金を埋めるために子どもを奴隷として売る家族もいる。
  • 全こどもの2/3は肉体的な虐待で苦しんでおり、その半分は性的虐待を受けている。百万の子どもはその後売春(おもにネパールやバングラデシュ人)につく。
  • 社会が望むのは男児であるので、女児と分かると中絶するか、捨てるかあるいは殺すかする家族もいます。女性の人口は、男児と比較すると3千5百万少ない。
  • 助成は男性に比べて識字率や教育水準が低く、家庭内暴力は大きな社会問題となっている。若い女性が宮殿娼婦としてささげられることもある。

5.盲目―インド内に1千5百万いる

五千万人の視覚障碍者がいるが、このうち70%は適切な医師と検眼士がいれば避けられたという。点字は活用されていない。視覚障碍者のための働きのためにお祈りください:視覚障害ミッション、インド・視覚ハンディキャップ・フェロシップ、トーチ・トラスト・フォー・ブラインド、そして点字聖書出版のコンパス・ブレイルという諸団体。チェンナイにあるニューライフAG教会(デビッド・モハン牧師)は市に住む300人の聴覚障碍者を助けています。

メガボイス、プロクレーマーや他の団体はオーディオ素材を提供し、視覚障害の人々に伝道と弟子訓練に大いに活用しています。

 

6.「新しきインド」は若者にあふれ、意欲的で国際的、現代思考

非常に都市化してきていてテクノロジーに精通しています。インド・コールセンタービジネス、クリケット、ボリウッド、バングラ舞踏、そしてグローバルにつながるインド文化は、キリスト教を含む新しい考えや生き方に触れ、オープンな姿勢をとっています。

  • このような状況において最も大きな影響を与えるのは物質主義であり、他のグループと同様にヒンドゥ教徒も陥ってきました。この若い世代(インドの70%は35歳以下、31%は15歳以下)こそが、インドの将来を形成することになります。
  •  この非常に戦略的なグループに福音が届けられるように、そして新しい方法、様々な宣教戦略をインドの教会と宣教師が取り入れ、福音が伝えられるようにお祈りください。

2ページ目に続く↓↓


❖ さらに続きを読む《2ページ目・PART B.達成されていない働き》 ▶ Click here!

注)以下、自動翻訳(Google翻訳を適用)
転載元ページ:https://missionsprayer.net/2022/06/21/pray-for-india/2/

❖ PART B.達成されていない働き 

マップ

自動的に生成された説明

1.まだ伝道されていない人々がインドに集中している

インドの未到達人口を評価すると、100万人を超える159人のグループのうち、133人が未到達です。100万未満の何百ものグループが未到達です。また、953の民族グループの人口は10,000人を超えています。これらのうち、205には教会がなく、クリスチャンからの働きかけはほとんどありません。それらは北部に集中する傾向がありますが、すべての州で見つけることができます。祈りのための最も重要な人々のいくつか:

2.ほかのどの国よりも福音未伝達の人々がいる

インドのキリスト教徒は非常に不平等に広がっています。南と北東には、人口の多い北と西よりもはるかに高い割合のキリスト教徒がいます。北インドの13の州は1%未満のキリスト教徒です(上の地図を参照)。世界中の教会がこの任務に立ち上がることができるように祈りましょう。祈る:

  • ヒンディー語を話す中心地(ヒマーチャルプラデーシュ州、ウッタラーカンド州、ウッタルプラデーシュ州、ビハール州、西ベンガル州)にある北インドのガンジス平野は、数百万人にのぼり、合わせて3億8,200万人を占めています。
  • 国勢調査のデータによると、これらの州はいずれも1%を超えるキリスト教徒ではありません。しかし、北部では、7,000のメガチャーチから、数万のハウスチャーチのネットワークまで、これまでになく多くの教会の成長が見られます。今後10年間で北部に植えられた100万の教会のビジョンが存在します。
  • 急速に成長し、大きな富とひどい貧困が混在する大都市。キリスト教徒の証人が非常に少ないコルカタ、デリー、バラナシ、ラクナウなどとは対照的に、チェンナイ、ムンバイ、さらにはキリスト教徒の人口が多いハイデラバードも存在します。
  • 都市化が進むと、毎年何百万人もの人々が農村部から都市部に引き寄せられ、多くの場合、資源やつながりがほとんどありません。その結果、インドのスラム居住人口は現在7000万人を超えています。

3.インドにある教会は非常に多様化しており、古くから引き継いでいるものがある

インドのキリスト教の多くは、過去300年間の人々の動きに起因しており、多くの場合、地元のリバイバルによって始まりました。今日、いくつかのクリスチャングループは目覚ましい成長を遂げていますが、他のグループは数が減っています。

インドのマートーマ教会は、シリア語でマートーマ(聖トマス)として知られている使徒トーマスによって紀元52年に1世紀に設立されたと伝統的に信じられているコミュニティである聖トマス派キリスト教徒の継続と見なしています。自身を「起源は使徒的、本質的に普遍的、信仰は聖書的、原則的に福音主義的、見通しはエキュメニカル、崇拝は東洋的、機能は民主的、そして性格はエピスコパル」と表現しています。

1892年のマートーマ教会の司教たちの写真
  • 正教会は、1世紀にここで奉仕したと言われた使徒トマスの伝統にその起源をたどります。正教会のキリスト教徒(220万人以上)は、ケララ州とインド南西部で最も強い存在感を示しています。
  • カトリック教徒は、インドで最大のキリスト教グループ(約2,000万人)を代表しています。人々は彼らの慈善活動、特にマザーテレサの最も貧しい人々への配慮を尊重しています。カトリック教徒は5,000以上の医療施設を運営しています。カトリック教会のカリスマ運動は1972年に始まり、ほぼすべての会衆に広がり、新しい生活とアウトリーチの拡大の両方をもたらしました。
  • 福音派の宗派と会衆は倍増しました。神はいくつかのネットワークと同盟を利用して、祈り、牧師のリトリート、そして慣習を通して信者を成熟させ、動員します。彼らはまた、訓練、文学制作、宣教、そしてアウトリーチを調整します(インドの福音派フェローシップは224の宗派を結び、インドのペンテコステ派フェローシップは主要なペンテコステ派グループを結びつけます)。
  • 新しいペンテコステ派とカリスマ派の交わりが急速に生まれ、特に過去15年間で、インド全土に広がりました。Yesu Darbarは、北インドで何万人ものイエスの信者を集めています。彼らは、聖書の崇拝と交わりのパターンをインド風にモデル化しています。
  • イエスの何百万人もの信者(イエス・バクタス)は秘密の信者、または確立された宗派の外でバプテスマを受けていないクリスチャンです。彼らの数が増えるにつれて、これらの人々の懲戒を祈ってください。

4.インドにおける宣教の試み

インドの異文化間ミッションアウトリーチ(インド内)の成長は目覚ましく、多くの場合、ますます激しい反対にもかかわらず発生しています。

  • 1973年には420人の宣教師がいました。2009年、インド宣教師協会(IMA)だけでも、235を超える組織と40,000人の宣教師を代表しました。訓練の向上、省庁の質の向上、戦略的計画、目標の設定、研究の初期化、他者との提携においても、励みになる進歩が見られました。
  • クリスチャン労働者のための訓練は緊急の必要性です。教会の生活と健康は牧師、教師、伝道者、宣教師に依存していますが、ほとんどの指導者と牧師は彼らの仕事の準備をほとんど受けていません。1,000を超える正式な訓練機関と聖書学校のために祈ってください。多くの人が神学に加えて実践的なスキル(教会の植栽など)を教えており、先住民の労働者のためのトレーニングセンター(教会のプランターを訓練するため)も重要な役割を果たしています。
  • キリスト教徒の迫害は近年着実に激化しており、衰える気配はありません。この高まる圧力の中で、インドの兄弟姉妹が耐えられるように祈りましょう。
先住民の教会開拓宣教

5.ディアスポラ・海外に散らされているインドの民のためにお祈りください

インドのディアスポラは現在3000万人近くにのぼり、130か国に広がっています。

 アメリカ大陸には多数の移民があります。アメリカ(2.2m、500以上のヒンドゥー寺院を建てた場所)、カナダ(1.0m)、トリニダード(500,000)、スリナム(150,000)。その他のヨーロッパ:英国(1.5m)、フランス(290,000); 多くのアフリカ:南アフリカ(920,000)、モーリシャス(870,000); 太平洋へ:フィジー(310,000)、オーストラリア(225,000); アジアへ:ネパール(5.5m)、マレーシア(2.1m)、ミャンマー(2.5m)、スリランカ(1.5m)、シンガポール(400,000); 中東へ:サウジアラビア(1.4m)、アラブ首長国連邦(1.4m)、クウェート(560,000)、オマーン(385,000)。彼らは、特にビジネス、テクノロジー、文化において、採用された土地に影響力を持っています。

6.インドのアッセンブリー教会のためにお祈りください

アッセンブリーズオブゴッドインディアは2016年に100周年を迎え、キリストの信奉者として次世代を育てることに専念し続けています。司法長官のデイビッド・モハン牧師は、1916年の初め以来、AGインドは5,200以上の公認教会と6,000以上の家の教会を植えて​​きたと述べました。彼らは600人以上の宣教師を派遣し、今日2,500人以上の訓練を受けた牧師を含む8,000人以上の指導者を訓練しました。「インド全土で、神の力は本当に動いています」とモハン牧師は言いました。「神は素晴らしい働きをしておられます。私たちはこの国で神の動きとリバイバルを見ています。より多くの労働者を訓練するために、私たち全員が一緒に働き、一緒に働きましょう。神の栄光のためにこの国に到達するために、私たちは心を合わせなければなりません。」

ニューライフAG教会–チェンナイ–クレジット:AGニュースUSA。

現在、南インド、北インド、東インドの3つの総評議会があり、合計7500以上の教会があり、インドとそれ以降に到達するための素晴らしいビジョンと情熱を持った最高の指導者がいます。主要な都市や場所での存在感を確立した後、彼らは近隣のコミュニティや村に到達し、未到達の人々のグループに到達するように配置されています。AG Indiaは、5万人の南アジア最大の教会を牧師として務め、世界アッセンブリーズオブゴッドフェローシップの議長代理を務めるモハン牧師などの偉大な指導者の育成に貢献してきました。
インドでの素晴らしいリバイバルを祈ってください。

  • AGインドの指導者と牧師が、インドの大宣教命令を遂行するために反対と迫害の挑戦の中で働き続けることを祈ります。
  • 教会が新鮮なリバイバルを体験し、失われた人々に手を差し伸べ、教会を植え、信者の新しいコミュニティを確立するように祈りましょう。
  • インドAGの宣教師のビジョンが、北インドと南アジア地域の未到達の人々のグループに手を差し伸べることを祈ります。
  • 自分たちのミニストリーに対して厳しい反対に直面している迫害された信者と牧師のために祈ってください。
  • 聖書学校のために祈り、収穫のためにより多くの労働者を育ててください。
  • 次世代に手を差し伸べる子供と青少年の間のミニストリーと他のコミュニティベースのプログラムのために祈ってください。