【WAGF】インドネシアのために祈りましょう-世界最大のイスラム教国!

出典元:世界アッセンブリー・宣教祈りのネットワーク  2022/7/14
https://missionsprayer.net/2022/07/14/pray-for-indonesia-the-largest-moslem-nation-in-the-world/

世界最大のイスラム教国!

インドネシアAGの情報およびOperation Worldからの情報をもとに祈りの課題を上げます。

地理

インドネシアはインド洋と太平洋の島で東南アジアに位置する国です。 

  • インドネシアは、約1,000万平方キロメートルの海に点在する17,500の島々のグループで構成されており、そのうち7,000の島々に居住しています。
  • 東南アジア地域で最大の国です。
  • 赤道が横切っており、地球の円周の8分の1に相当する距離にまたがっています。
  • 「環太平洋火山帯」であるインドネシアには、世界で最も多くの活火山があります。
  • 最大の島々は、スマトラ島、ジャワ島(最も人口の多い島)、バリ島、カリマンタン島、スラウェシ島、ヌサテンガラ島、モルッカス諸島、ニューギニア西部のイリアンジャヤ島(西パプアとも呼ばれます)です。

人口と宗教

  • 世界で4番目に人口の多い国であり、人口は2億7600万人です。 
  • 33の州、722の言語、さらに多くの民族グループ、無数の宗教があります。 
  • 世界最大のイスラム教国です。 
  • それでも、他のどのイスラム教国よりも多くのクリスチャンがいます。
  • クリスチャンは15.9%で、5.6%は福音派のクリスチャンです。
  • 民族グループ:779。福音がわずか届いているグループ:239。福音化されていない:39%
  • インドネシアには、深刻な迫害と強力なリバイバルの両方の歴史があります。 

政治

民主主義が成熟するように政治のためにお祈りください。国民の一致を持ちながらも地域のアイデンティティを保持するというバランスを保つことができるように。また、政府がすべての人民およびコミュニティを尊重するために正義をもって行動するように祈りましょう。インドネシアの歴史は、特に最近では、差別、搾取、不平等を特徴としています。

精神的な葛藤

インドネシアでは精神的な葛藤が激化しています。古代の強力なオカルト勢力は福音に対して反対する一方、現代のイスラム教徒の戦略はキリスト教を排除し、良き知らせの存在を排除しようとします。特に、これらの力が縛られ、激しい反対と迫害の高まりの中でも教会が継続的に成長するように祈ってください。

❖インドネシアの教会のために祈りましょう

インドネシアの福音化のビジョンは、反対派が増える中でエキュメニカル、ペンテコステ派、福音派のプロテスタントが共通のビジョンをもって加わり、増大しています。ほぼ1億人が福音化されていないと見なすことができます。 1996年以降、国および地域の議会は、福音未伝達の人々に焦点を合わせてきました。インドネシア・ピープルズ・ネットワークによる優れた研究が続けられており、これらの人々の中に働き人を派遣することが増えてきています。これらのビジョンの達成のために祈ってください:

  • 国内のそれぞれの民族グループに証しする教会が起こされるように:インドネシアには、キリスト教徒の人口が1%未満の10,000人を超えるグループが128あり、これらは国の人口の60%を占めています。これらのうち約30には、クリスチャンやフルタイムの働き人がいません。さらに200人以上の未伝達のグループは10,000人未満です。駐在員が彼らとパートナーを組むので、インドネシア教会が異民族への働き人として、パートナーシップのうちに彼らを導けるよう祈りましょう。
  • すべての村に教会ができるように:一世代内にインドネシアの各76,000の村に少なくとも1つの教会が立てられるというのがビジョンです。 45,000以上の村にはまだ1つの教会もありません。
  • すべての都市と州の祈りのネットワークを通して、すべての近所に祈りを推進する祈りのグループができるように。 全国的な祈りのネットワーク(1990年に形成され、現在450以上の都市に広がっている)によって、これは急速に現実になりつつあります。
インドネシア・クリスチャン合同の祈り集会

若い世代のために祈りましょう 

若者は、収穫地と収穫力の両方において未曽有の可能性を持っています。人口の約3分の1は18歳未満です。

祈りましょう:大学生のために。2,300以上の高等教育機関に通う学生が350万人にのぼります。
インドネシア人の少数が海外に留学し、ほとんどは開放された国にいます–彼らが外国の地において福音に至りますように祈りましょう。他の人は奨学金で勉強するサウジアラビアに惹かれます。

赤い服の子どもたち

子どもたちのために。子どもの40パーセントは中学校までいけません。 300万人近くが児童労働者であり、多くの場合危険な仕事をしており、毎年、何千人もの子どもたちが人身売買されています。

❖インドネシア アッセンブリーのために祈りましょう

インドネシアAG(ブディ・セティアワン理事長)は、活気に満ちた教会です。

彼とリーダーシップチームの働きのためにお祈りください。

理事会: ハリアグス・リンバ師、ステファノ・インドラ・ブラモノ師、ウィウィ・テジョブディオノ師、
    アレクサンダー ・ヌヌヒトゥ師

インドネシアAGの統計

  • AG教会数:2200
  • 教職者数:4500
  • 礼拝参加者(推定):200,000
  • AG教区数:31教区

インドネシアの宣教ビジョンのために祈りましょう

彼らには3つの宣教部があります:

  • 国内宣教:ガトゥト・ブディオノ師
  • 海外宣教:アリフ・ムルティ師
  • 未伝達宣教:ジャカ・スラント師

インドネシアの神学校のために祈りましょう 

インドネシアには13のAG聖書学校があり、850人の学生が宣教訓練を受けています。
さらに多くの働き人が起こされ、インドネシアとこの先の収穫のために訓練されるように祈ってください。 

その他の祈祷課題

  • パンデミック後における教会のミニストリーの回復。 
  • リバイバルへの新たな渇望
  • 2023年8月のアッセンブリー大会のため。 
  • 国民にキリストを宣べ伝えることにはっきりと焦点を合わせることができるように
  • 牧師と会衆の心の中に教会開拓と宣教に対する新しい視野が与えられるように。