月刊アッセンブリーNews 2018年7月号

あなたの信じたとおりになるように

林 幸司 (東京メトロチャーチ)

《百人隊長の信仰》

イエス様がカペナウムに来られた時、ひとりの百人隊長が、しもべのいやしを願い出ました。「イエス様なら、このしもべの病気をいやしてくださるかもしれない」と思い、その願いを行動に移したのでした。イエス様は、彼の信仰に驚かれました。そして、こう言われたのです。「『さあ行きなさい。あなたの信じたとおりになるように。』すると、ちょうどその時、そのしもべはいやされた。」(マタイ8:13)

《私たちへの信仰のチャレンジ》

これは、私たちの信仰のあり方にチャレンジを与えるものです。百人隊長は、「しもべはきっといやされる」と信じました。信じて祈る時、私たちも百人隊長のような信仰を持つ者になりたいと思います。

《東京メトロチャーチの現状》

東京メトロチャーチは、2013年2月に、会堂の隣家(りんか)からの火災により被災しました。全国のアッセンブリー教会の教職と教会のみなさまから、お祈りしていただいていることを心より感謝いたします。実は、その7年前から、「2014 年に、次のもっと大きな会堂を購入して移転しよう!」という願いが起こされ、教会中で祈り、献げていました。そのための祈り会の前日に、火事が起こったのでした。その後、みんなで神様に祈り求めた結果、神様が次の地へと導いておられるのだと確信し、会堂を解体・売却しました。会堂を原状復帰させることも可能でした。しかしそれだけなら、信仰を持ってみんなで祈ってきたことと矛盾(むじゅん)してしまうと、私達は考えたのです。

あれから5年半が経過しましたが、依然として新しい会堂を見つけていません。しかし、前の会堂から出てきたことを後悔している人がひとりもいないことに驚きます。この5年半、神様に様々な所を通らせていただき、ますます神様に信頼するようになりました。すばらしい主を心よりほめたたえます。

「さあ行きなさい。あなたの信じたとおりになるように……」私たちも、主への告白と、私たちの内側の信仰が一致している者になるように、ますます主に信頼して歩んでいきましょう。

Follow me