月刊アッセンブリーNews 2019年6月号

<巻頭メッセージ>
 聖霊の恵みに満たされましょう! 

厚生教職局長・天野弘昌 (草加神召キリスト教会)

月刊アッセンブリー誌は、毎月1度、教団から発行されているニュースです。ご関心のある方は、どうぞ一度ご覧ください。

 

<INDEX>

  • 特集 教団創立70周年記念
    歴代・現理事長座談会②-「教団のこれから」-
    座談会と歴代・現理事長のメッセージ
  • 特集 父の日 「種をまく父」
  • 新・祈りのコラム44 「祈りを導かれる神」
  • アートから読み解く信仰 NO.4「聖霊降臨」
    -町田俊之(バイブル&アートミニストリーズ代表/単立・富士見聖書教会)
  • 教団の動き 5
  • 中央聖書神学校(CBC)掲示板

Easter Message
「聖霊の恵みに満たされましょう!」
  /厚生教職局長・天野弘昌 (草加神召キリスト教会)

ペンテコステの日に、主の約束が見事に成就し、主の教会が誕生しました(使徒1:8〜2章)。この日以来、驚(おどろ)くべき勢いで福音が世界に拡がっていったのです。そこには、大いなる主のみわざが伴(ともな)いました。

私と私の家族の救いは、主の癒(いや)しと回復が明確なきっかけとなりました。兄の自死によって受けた致命的な傷に、主の愛と希望が与えられ救われたのです。使徒行伝的な働きが、この国にも必要だと確信しています。

1.不思議なわざやあかしの奇蹟(きせき)が!!

主のみわざが真の宣教力に発展し、力強い教会形成に及びました(使徒2:22、43)。初代教会を模範(もはん)に、原点回帰を願い祈りましょう!

2.大きな恵みがそのすべての者の上に!!

CBC を卒業し草加へ開拓(かいたく)に出る時、ある先生から言われた言葉を忘れる事が出来ません。「これから何より心がける事は、自らが恵まれている事だよ!」。初代教会の使徒達がそうであったように(使徒4:33)、今の私達にも必要な事だと思います。同時に、厳かなチャレンジですね? 皆さまはいかがでしょう? 今も恵まれていらっしゃいますか?
それらの秘訣(ひけつ)は何かあるのでしょうか?

3.ご聖霊の多岐に渡る働きに注目!!

(1)霊妙(れいみょう)なる議士、不思議な助言者と言われる主の御霊(みたま)と共に歩む!

(2)知恵と啓示(けいじ)の御霊を熱心に求める!

(3)すべてを教え、語ったすべてを思い起こさせてくださる方(ヨハネ14:26)によく耳を傾ける!

これらを一言にするなら、ご聖霊と親密な関係を築く事ではないでしょうか?
「羊は、羊飼いの声を聞き分ける。」とあるように、み言葉を土台に主の御霊の語りかけに鋭敏(えいびん)になりましょう。
しばしば異言の恵みに与(あずか)ると、一方的に祈り声を上げる事に重心が置かれがちです。もちろんパウロの如(ごと)く、誰よりも異言を多く語る・・・とあるように、重要な祈りである事に変わりありません。ただ同時に、主の御旨(みむね)や御心(みここ ろ)を慕(した)い求め、聴(き)き分ける時間も大切です。これらを教会の兄弟姉妹にもよくお勧(すす)めします。するといろいろな証詞(あかし)や恵みが与えられるのです。その上、霊的成長や成熟が顕著(けんちょ)になり始めたりもします。

今年のペンテコステは、主に飢(う)え渇(かわ)いて恵みの座に出てはいかがでしょうか? そして聖霊のバプテスマや、御霊ご自身を求めましょう! さらに主と交わる時間を大切にしましょう! それぞれに素晴らしい証詞が、初代教会のように次々と生まれますように!!