新・祈りのコラム (3)

異言の祈
の偉大な力

新・祈りのコラム(3)

月刊アッセンブリーNEWS  2014年7月号

新松戸リバイバルチャーチ

清澤さちえ
Sachie Kiyosawa

異言の祈りの偉大な力

 異言の祈りには、偉大な力があります。最新のホットな事例をご紹介します。

 求道中の男性。離婚か別居かという夫婦関係から一歩も前進できず、互いに反省せず、責めあう。万策尽きた私たちは、彼と一緒に異言で祈ることにしました。彼は聖霊を受けていたのですが、家族をさばき続けた結果、ほとんど異言が出ない状態でした。十字架の血潮をあがめながら異言を語ることを促し、流暢(りゅうちょう)な異言が出るまで祈り続けました。流暢な異言になってからも「イエス様とピッタリにして下さい」と助祷しながら私たちも異言で祈り続けました。

 そのようにして、一時間半異言で祈った後、突然彼は、「僕はサタンにやられていたんですネ」と言いました。異言で祈る直前まで、彼は妻子をさばきまくっていたのに、穏やかな目になり全く変えられました。それから約一週間後、彼は私に会うなり言いました。「家内に何か言ったでしょ。あれからみんなが変わってしまって、何も問題が無いんです。」
「私は一言も話していません。あなたがイエス様とピッタリになったから聖霊様が一緒に働いてくださったんですよ。」

 この直後、あるご夫妻も問題のために40分位異言で祈った後、すぐに双方が互いに自分が悪かったと謝り解決しました。

 これらは一例にすぎません。不思議な助言者の霊である聖霊様がカウンセリングしてくださるので、私はただ一緒に異言で祈りながら励ましているだけなのです。また一瞬の異言の祈りで奇蹟が起き、危険を免れたことも何度もあります。異言で祈る時、聖霊様が力強く働いて御業をなしてくださいます。

 こんな素晴らしい方が私たちと共にいて、全能の御力をもって助けてくださるのです。イエス様と心が一つになるまで異言で祈りましょう。そして生きた神様の栄光の御業を拝する者となろうではありませんか。「・・・御霊ご自身が、言いようもない深いうめきによって、私たちのためにとりなしてくださいます。(ローマ8章26節)」