《中国教区|Chugoku Kyoku》のご紹介

JAG中国教区 教区創設:1956年




◎地図で教会を探すページはこちら
https://j-ag.org/church-introduction/

 

JAG創立75周年(2024年)に向けての取り組み

 

月刊アッセンブリーNews 2019年10月号より転載


共に働き合う教区(助け合う教区)

 

 

1)祈り合う教区
 (同日・同刻祈祷、LINE やOne Note で祈祷課題を共有、牧師や信徒の為、賛美と祈りの集会を持つ)
2)MTTドコデモ again!
 (Mission Training Trip 次世代育成プラン、牧師や信徒が共に行える伝道活動や集会の企画)
3)講壇交換
  (現状を知り、具体的に祈り合う)


《教区活動例紹介》
 ・教区会 ・春ジュニアキャンプ(小、中、高対象) ・CA 日和(中学生以上対象)
・MTT どこでも(Mission Training Trip ) ・教区聖会

月刊アッセンブリーNews 2015年7月号より抜粋
〈教区のビジョン〉 
 地方教区の一つである中国教区では、次世代を担うリーダーを育成していくことを重要な課題とし、次世代リーダーを育成し訓練する為の新しい企画をたて、チャレンジしています。
 更に、共に祈り合い、仕え(愛し)合う教区として、主に開拓教会の経済的サポート(2年間ずつ)を毎年継続しています。…
 諸地域に遣わされている先生方と教会が、聖霊様の力により、その使命に前進していけるように、励まし支え合っていきたいです。

〈祈りの課題〉
・各教会が聖霊様の力に満たされて、祈りと宣教の働きが前進していきますように。
・次世代リーダー育成の為の活動に、子供達が多く参加できますように。
・会堂のない教会に、集会所及び会堂が与えられますように。
・体調が優れない先生方の体調が、癒され回復しますように。
・岡山に拠点を持っているティーンチャレンジの活動拠点が、全国にも設立されますように。