《四国教区》のご紹介

JAG四国教区 教区創設:1971年




◎地図で教会を探すページはこちら
https://j-ag.org/church-introduction/

 

JAG創立75周年(2024年)に向けての取り組み

四国教区 教団75周年に向けて

月刊アッセンブリーNews 2019年10月号より転載


聖霊に押し出されて四国の隅々までみんなでみんなに伝道しよう

 

1)四国教区としての取り組み
(リサーチ推進、宣教施策の立案、相互宣教支援献金の見直し、教職祈祷会の継続)

2)各チーム協働意欲の醸成と相互支援活動の推進
(太平洋側5 教会、瀬戸内側3教会、徳島側2教会の宣教施策立案、聖会や祈祷会など)

3)個教会としての取り組み
(各教会地域の実状の洗い出し、提案制度の立ち上げ、賜物の掘り起こし、情報共有)


《教区活動例紹介》
 ・新年会 ・春・夏のファミリーキャンプ ・四国聖会 ・講師を招待しての四国巡回奉仕 ・四国教職親睦会、又は研修会 ・手話講習会 ・教区会 etc.

月刊アッセンブリーNews 2015年8月号より抜粋
〈教区のビジョン〉 
 四国アイランドには4つの県があり、約400万人の人々が住んでいます。現在、高知県に5教会、愛媛県に3教会、徳島県に2教会の10教会です。そして、香川県にはアッセンブリーの教会がありません。
 香川県の人々の救いのために、開拓宣教をしたいと、主の導きを求め続けています。10の教会がワンボディワンチャーチの意識で相互支援をしていきます。四国遍路による霊的な圧迫を突破し、山間僻地から島々に至る、津々浦々にまで福音を届ける使命を受け取っています。

〈祈りの課題〉
・過疎地にある教会のため
・信徒たちが、主の弟子として、賜物を用いて、用いられるため
・香川県の開拓宣教のため