3月16日発生の地震について(第2報)

3月16日に発生した福島県沖を震源とする地震に関して、東北教区長の三箇豊実先生より新たな報告がありました。

(災害対策室)

東松島アメイジングセンター・横山あかり先生より

既にFacebook等で横山先生がアップしておられますが、教会内部はかなりものが散乱しています。教会の独居の高齢者のメンバーの方を昨夜から今日にかけて教会の2階に避難させた。
教会メンバーの体調等には被害なし

泉福音キリスト教会・伊藤博先生より

今日の午後連絡が届きましたが、牧師館の2階の被害が大きいようです。教会の2階も多くのものが倒れて食器類が破損。
昨年2月には大丈夫だった暖房機が倒れ破損。教会メンバーの身体的被害はなし。

福島中央キリスト教会・伊東衛先生より

牧師館、教会の中のものが散乱し破損。
教会メンバーの身体的な被害はなし。

釜石アメイジングセンター・吉岡敬蔵先生より

牧師館(アパート)のものが少し倒れた。教会メンバーの身体的な被害は報告なし。牧師自身も守られて。

郡山キリスト教会・三箇豊実先生より

私たちの教会や牧師館にも大きな揺れがありました。
昨夜から今日にかけて、余震もあるなか、散乱した教会内や牧師館の片付けをしています。

幸い郡山にいるすべての教会のメンバーたちの安全も確認できました。

11年前と、昨年2月のあの地震を思い出してしまう大きな揺れ。少し長く、昨年より恐怖が強かったです。
なかなか止まらず教会と牧師館の揺れや軋む音。
教会2階の牧師館から駐車場に続く外にあるベランダから階段で、2回目の揺れが大きくなる中、外へ出たのですが、バキバキと地面がうなっていました。

身体の震えがなかなか止まらず、呆然とし、何を如何片付けるか…と進まず余震もあり、なかなか落ち着きません。私の家族もそれぞれ、原因不明の体の痛みがあります。逃げる際、特別な筋肉を使ったか?わかりませんが、体が痛いです。

出典:NHK https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220317/k10013536631000.html

高速道路も大きな亀裂が数カ所であり、通行止め。
新幹線は東京ー那須塩原・栃木県は動いていますが、11年前と同じように、他は止まっているため、福島県から関東への移動が難しいです。

主の御名を呼びつつ、今夜も過ごしますが、天気予報で、明日や明後日が大雨や雪、強風という報道です。特に揺れがあった地域に大雨は本当に怖いです。是非、天候が和らぐよう、またそれぞれの地域の守りがあるようにお祈りください。