《北陸教区 | Hokuriku Kyoku》のご紹介

JAG創立75周年(2024年)に向けての取り組み

JAG創立75周年ポスター・北陸教区

月刊アッセンブリーNews 2019年10月号より転載

『次の世代へ!! 北陸』

1)International(外国人が大勢集う教区)
 多言語(タガログ語等)教会案内の作成

2)United(協力し合い、あらゆる世代が集う教区)
 多言語で閲覧可能な教区内教会連動HP の作成

3)Evangelical(福音伝道的教区)
 北陸教区より5名の献身者をCBCに送り、教区に派遣する

4)Prayer(祈る教区)
 牧師の祈りを強化するため、親睦を兼ねた牧師の祈り会を継続して行う

《教区活動例紹介》
・教区会(教区会内で学修会) ・新年聖会(成人式) ・.ミ二信徒聖書学校 ・ファミリーキャンブ ・壮年集会 ・婦人集会 ・北陸聖会 ・教職修養会 etc.

月刊アッセンブリーNews 2015年5月号より抜粋
〈教区のビジョン〉 
 北陸新幹線が開通し、首都圏とも一直線で結ばれるようになり、発展が期待されている北陸です。古くから真宗王国と呼ばれ、また、各県に禅系宗派の重要寺院もあり、仏教が深く根ざしている地域です。そのような中で、当初、金沢、伏木、入善に教会設立され、その1978年以降、宣教師によって6つの教会が開拓され、更に、数教会が開拓されて、宣教の最前線で戦っています。…
 北陸教区は、諸教会がキリストの体として互いを必要としており、愛し合い、支え合い、助け合う教区をと願っています。…教区教会が点から線へ、線から面へと福音を広げ、各教会が自給自立し、新しい教会を生み出していくまでに成長することを願っています。

〈祈りの課題〉
1)教区教会が互いに助け合い、全ての教会が自給するように。
2)更に、子教会を生み出すことができるように。
3)信徒が福音宣教のために、それぞれの置かれた場所で用いられるように。
4)教区の諸活動が教区諸教会の強化と祝福となるように。。